気になる費用

低価格化と低年齢化について

近年、サロン脱毛料金の低価格化が急速に進んでいます。 少し前までは高額なイメージがあり、実際に何十万円の費用を必要とすることが一般的でした。 しかし近年ではそのようなイメージは払拭され、数千円から利用できる脱毛サロンが数多くあります。 低価格化によりサロンを利用する人にも変化が見られるようになりました。 何十万円の費用が必要だったころは、働き始めて少しお金に余裕のできた20代後半の女性の利用が多かったです。 それが最近では女子大学生はもちろん、女子高校生の利用も増えています。 また、子供にお金のかかる主婦の利用も増えています。 学生のアルバイトや主婦のパートでも手軽に利用できるようになったことが良くわかります。 今後、脱毛業界の発展と共に益々身近なものになることが期待されます。

日本における脱毛の歴史について

平安時代に貴族の女性の間で額の脱毛をすることが身だしなみの一つとして広まったことが、日本における脱毛の最も古い歴史と言われています。 当時すでに女性が化粧をすることも一般的だったことからこの時代からより美容に関心を持つようになったのではないかと推測されます。 江戸時代には遊女が軽石を二つ使って毛を切ったり、お線香で毛を焼くなどの方法で脱毛が行われていました。 また、一般の女性の間でも眉毛を抜いて整えることは当たり前に行われていたそうです。 その頃は眉毛と眉毛の間が広いことがお洒落とされ女性たちはこぞって眉毛の脱毛を行いました。 このようなことからもわかるように脱毛はいつの時代も女性にとっての大きな関心ごとなのだと思います。